佐藤の屋敷

技術的なことを残せれば幸い

Unity4のエディタをVisual Studio Community 2013に変える方法

Unityでゲームを作るときC#などで処理を記述しますが、付属のMonoDevelopが使いにくいために、やる気が結構そがれました。
ということで、エディタをVisual Studio Community 2013に変更し快適に過ごしたいわけです。

前提として、Unityがインストール済みという体でお話を進めたいと思います。
私の環境は・・・・

  • Windows 8.1 64-bit
  • Unity Version 4.6.2f1
  • Visual Studio Community 2013 Update 4

となります。

Visual Studio Community 2013 Update 4のインストール


無料開発ツール - Visual Studio Community 2013

※Visual Studio Community 2013の利用条件についてはしっかり確認してください。
基本的に無料でかなりの機能が利用できますが条件がいろいろあるので、会社などで利用する場合は、しっかり確認したほうがよいです。個人開発者なら有償アプリもつくれます。

まずは上の公式ページよりVisual Studioをダウンロードします。
現状英語版でのダウンロードになるのですが、あとから日本語パッケージもインストールします。

f:id:satoysan:20150218010543p:plain

とにかくインストールは長いですが、辛抱強く待ちます。
無事インストールが完了したら次は日本語化をします。

次に日本語パッケージをインストールするために以下から言語パックを手に入れます。
http://www.visualstudio.com/ja-jp/downloads/download-visual-studio-vs#

f:id:satoysan:20150218011112p:plain

ダウンロード言語が日本語になるようにプルダウンで選択します。
※ちゃんと言語パックが日本語になるようにしてから、「今すぐダウンロード」を選択。

ダウンロード後、インストールを行います。

f:id:satoysan:20150218011245p:plain

これで、Visual Studio Community 2013 Update 4のインストールは終了です。

Visual Studio Community 2013をUnityに連携させる。

まずは、連携させるためにバッチファイルを作ります。
バッチファイル名は「unity_vs.bat」としましたが、好きな名前で構いません。

ファイルの内容は以下の1行です。好きなテキストエディタで作成してください。

Start "" %1

次にこのバッチファイルをどこに置くかですが、、、私の場合は
C:\Program Files (x86)\Unity\Editor\unity_vs.bat
に配置しました。(Unityがインストールされている場所です。)

さて、次はUnityを起動します。
起動後、Editメニューを開きPreferencesを選択します。

f:id:satoysan:20150218011442p:plain

次に、External Toolsタブを開き、External Script Editorのプルダウンを開きます。

f:id:satoysan:20150218012637p:plain

MonoDevelopに選択されているので、Browseをクリックして先ほど作ったunity_vs.batを選択します。
あとは、Unityで自由にC#をゴリゴリ書くのみです。

Assets->Create->C# Scriptを選択してC#ファイルを作った後、そのファイルを選択すると・・・

f:id:satoysan:20150218013557p:plain

といった感じでクールなUIのVisual Studioが起動します。
補完機能も超強力で超高速です。